男性医師

子宮筋腫を知る~多くの女性が経験する子宮の病気~

多くの女性が経験する病気

カウンセリング

女性にしかない器官である、子宮には様々な病気にかかる可能性があります。そんな子宮に関わる病気の中で、患者数が多いと言われているのが子宮筋腫です。まず、子宮筋腫は子宮がんなどとは異なり、子宮の中にできる良性の腫瘍になります。そのため、子宮筋腫のために命を落とすようなことはほとんどありません。症状としては、生理痛がひどかったり、経血の量が多い、塊が混じるといったものが多いです。そのため、貧血を起こしやすくなる場合もあります。しかし、まったく自覚症状がない方もいて定期健診のエコーで偶然発見されることも多いようです。小さな子宮筋腫であれば、特別処置は必要ないのですが、あまりに大きい場合や貧血などの症状がひどい場合には、薬や手術による治療を行います。大きな子宮筋腫は子宮周辺の臓器にも圧迫などの影響を与えてしまうために、慢性的な腹痛に悩まされたり、腎臓を悪くしてしまう恐れがあるのです。特に、妊娠を望む女性にとっては、大きな子宮筋腫は着床の妨げとなるため不妊の原因ともなり得ます。ただし、子宮筋腫があるからと言って絶対に妊娠できないわけではないので、担当の医師と相談のうえ、切除するかしないかを決めることになります。さらに、子宮筋腫自体はそこまで深刻な病気ではないのですが、ごくまれに悪性腫瘍である肉腫の可能性もありますので、子宮内に腫瘍が見つかった場合には体調の変化に注意して、定期的に産婦人科の検診を受けるようにしましょう。

骨盤を整えて妊娠を目指す

マッサージ

赤ちゃんが欲しくても、なかなかできずに悩むカップルは多いです。最近、吉祥寺では整体で身体を整えて、妊娠しやすい身体を作る不妊整体が人気です。まずは妊娠しやすい身体づくりから、ゆっくり始めましょう。

View Detail

生理の悩みの味方

錠剤

ピルの中でも、低用量ピルは生理不順やPMSの改善が期待できます。大阪のほとんどの産婦人科で処方してもらうことができますので、生理に悩みや不安がある方は一度相談してみるとよいでしょう。

View Detail

女性の悩みに応える

医療

女性特有の病気や悩みに対応してくれるのが、大阪の産婦人科です。女性が通いやすいように、優しい雰囲気の院内であったり、医師やスタッフが全員女性だったりと様々な工夫がされています。

View Detail